婚前・結婚後の大切な3K

2021年11月24日

こんにちは。スマイルマリッジ湘南 結婚カウンセラーの椎木笑子です。

今回は世間一般的な目線での、婚前と結婚後の大切な3Kです。

まず婚前の3K、お見合いでは良くも悪くも判断材料になります。

何だと思いますか?

体・家族・金です!

体・・・お体に持病を持たれている、ご不自由がある。

家族・・・親兄弟の誰かにご病気疾患・借金・跡継ぎなど何かしらがある。

金・・・お金にルーズや借金がある。

前回、私の婚活中にお相手に言いにくかった4大障害もこれらに全て当てはまります。

私は借金、親と同居、宗教、ペットだったのですが、、、金と家族に当てはまります。

今となってはセクハラ紛いですが、昔の女性目線での言葉に「のむ・うつ・かう」の男性はやめろ!』なんてありました。

のむ・・・酒・タバコです。

うつ・・・博打・ギャンブルですね。

かう・・・女。今でいう風俗、身近では浮気をすることです。

結局これらも、「のむ」が「体」「うつ・かう」が「金」に当てはまります。

確かに、これら全て、私の抱えていたことも含め、結婚したから切れる問題ではありません。

むしろずっと付いてきます。一緒に抱えることになります。

そして細かい内容は違うにせよ、体・家族・金は誰にでも何かはきっと当てはまりえる問題です。

端的に、「だからお相手をやめろ」ではなく、そういうことも踏まえてお相手をみていく必要があるということです。

それを不幸と捉えるか、不便や不自由だけどそれ以上に一緒に居るから幸せと捉えるかは自分次第ですよね。

不幸と思ったらやめた方が良いです。結婚生活は長いです。

結婚しても(お相手を)わからないことはたくさんあるし、もしかしたら死んでも(!)わからないことがあるかもしれません!

そんな中、今、既にわかっていて、ちょっと辛いな・・と思ったらやめた方がお互いの為ですよね。

 

そして次に結婚後の3K

これは結婚をしたのに関わらず、という上で、お互いに口にしたらケンカになるものです。

結婚をしている二人に言えることなので、どなたにも当てはまります。

家族・金・過去です。

家族・・・お相手の家族を悪く言う。

金・・・稼ぎや、決まった額(お小遣い)内での使い道の文句を言う。

過去・・・婚前の問題を掘り起こしたり、結婚後の揉め事を蒸し返す。

いかがですか?!

確かに自分も言われたら嫌だなぁ・・と思いませんか?

どれも婚前に分かり切っていたことや、お互いに納得して決めたり済んだりしたものだと思います。

結婚をしても思いやる気持ちが大切ですよね。

私の紹介でもあるように、結婚生活に大切なのは「好き」なんて気持ちより、

「信頼」・「尊敬」・「思いやり」だと思います。

私の生活でも

「何か欲しいもの買ってあげるね。」より、私を信頼し、給料明細をボンともらって家計を管理したいです。友人と遊ぶ時には「楽しんでおいで!」と気持ちよく送り出してもらいたいです。

「好きだよ。」なんて薄い言葉より「いつも家事に育児にありがとう。」の尊敬・感謝の言葉がほしいです。

そして何かあったときは「大丈夫?」「何かやろうか?」と思いやってくれる心が何よりです。

 

婚前の3K・・・体・家族・金

結婚後の3K・・・家族・金・過去

いかがでしたでしょうか。

わーもう面倒くさい!ではなく、誰もが持っていたり、出会ってしまうものですから、自分はどこまで許せるのか、歩み寄れるのか、一度考えてみるのも結婚への第一歩です。

お相手を選ぶ判断材料にもなるし、自分自身を見直し、出来たら改める良いきっかけになると思います。

 

スマイルマリッジ湘南では、希望するお相手を一緒に探したり、ご自身の悩みをできるだけサポートするように心がけています。

時には厳しめのアドバイスもありますよ!

でも何でも話してくださいね。

成婚に向けて一緒に頑張りましょう。

  • お問い合わせ
  • 09098183469