婚活『ご縁がありませんでした。』編 その3

2021年11月08日

こんにちは。スマイルマリッジ湘南 結婚カウンセラーの椎木笑子です。

シリーズ最終3話の『ご縁がありませんでした。』その3~会う日を先延ばしにしたり、連絡が滞って、その内終わる~をお話ししていきますね。

簡単に言えば自然消滅です。

でも自然消滅する程の仲ではないので、ちょっと長いタイトルになってしまいました。

最終ともなると、どれだけひどいの?!

結婚相談所ってそういう人しかいないの?!と思われてしまいそうですが、

そういう人もいて、たまたま私は会ってしまった・・というだけですから安心してくださいね。

中には、きちんと、もちろん2週間以内に、「お申し込み、どうもありがとうございます。」から始まり、お断りの理由、最後には「お互い婚活頑張りましょうね。」とお断りをしてくださる方もいます。

断られても、こういう断られ方だと、私見る目あったな・・。とさえ思えるフラれぶりで、残念だけどまた頑張ろう!と思えたものです。

では本題、~会う日を先延ばしにしたり、連絡が滞って、その内終わる~に入ります。

これは仲人型相談所でも情報型相談所でもあった出来事です。

前回までの~返事が来ない~・~いきなり掲示板を閉じる~は少々相談所側の問題もあると思いますが、今回ばかりは本人の問題だと言い切ります!

自然消滅ですから、これは紹介先云々ではなく個々の問題です。

早い相談所では初回お見合いの次に会うということを交際スタートとみなします。

5回目にはプロポーズ、または親御さんとお会いしてみるとまでなることもあります。

ただ、これは相談所側から提示した目安の回数や期間であり、全てがこううまくいくとは限りませんよね。一例です。

結論をお話しすると、私は4~5回お会いした相手と起きた自然消滅です。

婚活は本当に綱渡り・・・!リアルな交際ではあり得ない断捨離の荒業!

文字通り、4~5回は会って、お茶をしたり、ランチをしたり、どこかに出かけたり、夜ご飯を食べたりしたのです。

2パターンあったのでそれぞれご紹介しますね。

1つ目、私は4~5回目の約束を1カ月先にされたことで、この方とは縁がないな。と見切りました。

見切ったのは私でも、本音はやっぱりフラれた感が強く残りました。

皆さんは婚活中、2回目以降にお会いする時、どれくらいの頻度で、間隔で、会おうと思いますか?またどれくらいが良いと思いますか?

 

良いと思われる頻度・間隔は1週間です。

先ほどもあったように、婚活で出会っている以上、延々お付き合いをすることが目的ではなく、結婚をすることが目的です。

何も知らない者同士、週1くらいで会わないと先に進めませんよね。

またその程度会える時間も無いようであれば、結婚相談所でのお相手探しは厳しいと思います。

先延ばしにしてメリットは何でしょうか?

よほどの理由がない限り、逆にデメリットなら思い当たります。

ちょっと会うのがかったるい、他にも迷っている異性がいてそちらと天秤にかけている・・・

どちらもすぐに思いつくし、これは婚活中、悪いことではありません。

でもだからといって先延ばしにする期間を3週間以上空けるのは失礼だと思います。

そこまでかったるいならもう辞めた方がお互いの為だし、天秤にかけていたとしても2週間に一度は会える余裕、思いが欲しいところです。

次に2つ目、いつもやり取りが業務連絡で、会ってもずっと敬語、その内業務連絡さえ期間が空くようになり、遂には仲人から「彼あまり結婚する気ないんだって。」と言われたことがあります。

この仲人にしても「おいおい」があるのですが、それはまた後日。

4~5回会っておきながら、連絡が途切れ、仲人から結果を言われる・・・

なんだか情けなくなりました。

もう既に何度もプライベートなメールや電話でやり取りをしていて会ってもいたのです。

お互いに良い歳です。もっと言うとその方は私より10歳以上、上の方でした。

結婚する気がないって・・・

その理由から意味不明だけど、とりあえずそれならそれでちゃんと自分で、自分の言葉で断りなさいよ!オ・ジ・サ・ン!!ってゆーかもうクソジジーがっ!!!

4~5回会ったということは週1で会っていたとしても1カ月、時に約束が2週間後となったりすれば2カ月弱かけた付き合いです。

婚活にはお金・時間・労力を使っています。

今が一番若く、無駄にできない大切な日々です。

もちろん、結婚相手を選ぶのに、慎重になるのもわかります。

時間をかけないと気付けないこともあるでしょう。

それでも結婚を決めると決意して入会したはずです。

結婚を決めるためには、日時場所を含めた約束を何度も決め、合わないと思った時にはお断りを決め、、、次から次に良くも悪くも決断を迫られます。

この中で最も大切なことは、自分の決断で相手をも動かすところです。

相手も人生をかけてあなたに会っているのです。

だから慎重に、でもきちんと決断をしていく必要があります。

お断りをするのも優しさです。

面倒臭くなり先延ばしにしたり、迷っている間に待たせたり、とりあえずキープみたいな付き合いはお見合いではタブーです。

長年付き合っている老夫婦ではないのです。何も知らない二人です。

常識あるペースで、相手を知っていく付き合いが出来ると良いですね。

私もそのお手伝いができるように頑張ります。

迷った時にはその都度アドバイスをさせてもらいます。

決めるというのはものすごく大変なことです。

それでも決めるのは自分の為であり、決めるのは自分自身です。

以上 『ご縁がありませんでした』シリーズ全3話、いかがでしたか?

返事が来ない・いきなり掲示板を閉じる・会う日を先延ばしにしたり、連絡が滞って、その内終わる。

婚活では『お断り』がつきものです。

結婚をするたった一人以外の方とは、断られたり断ったりするものです。

それでも良識ある断り方が出来る人になりたいですよね。

「結婚したい!」の気持ちは皆さん一緒のはずです。

辛い婚活だからこそ、気持ちの良い活動をお互いに心掛けていきましょう!

 

 

 

  • お問い合わせ
  • 09098183469