「普通の人で良いんです!」普通とは?!

2021年12月24日

こんにちは。スマイルマリッジ湘南 結婚カウンセラーの椎木笑子です。

「どんな人が良いの?」と聞くと「普通の人!」と答える人・・・いますよね?!

下手したら、これに「で良い!」がついたりもします・・・!

 

『普通』って何でしょう??

今までみなさんは「クラス」というものの中で学生生活を送ってきたと思います。

1組、2組、A組、B組、、、のクラスですね。

そんなクラスの中で、自分の思う『普通』の人はどのくらいいましたか?

そして現在、職場である課に配属されているとして、その中で、自分の思う『普通』の人はどのくらいいますか?

改めて振り返ってみると、3割くらいではないでしょうか?

 

そしてその『普通』の人って、自分と価値観が合うだったり、見た目がイケメンではないけど不細工では決してなかったり・・・。

『普通』の人って、お見合い用語でくくれば、実はとてもハイスペックな方だったりします。

 

私が今まで感じてきた独身女子たちの『普通』は

イケメンではない➡でも結局見た目爽やか

常識がある➡でも結局自分と似た価値観を求める

意識高い系ではない➡でも結局オシャレの意識はある

高身長ではない➡でも結局170㎝以上で自分より高い

四大卒ならどこでも可➡でも結局四大卒はマスト

将来があったり、自分同等か以上の職業・年収➡でも結局資格職か、または年収500万以上

住まいにこだわりはない➡でも結局実家を出て単身で暮らしている

どうでしょう・・・?

でも結局・・・がかなり曲者で、なんだかんだ言って実はちゃっかり・・・に置き換えられる言葉です。

これらの条件はどれも『普通』ではありません。

私が今までお会いしてきたお見合い男性に、これら全てを兼ね揃えていた方はほんの一握りでした。

私に相応のスペックがなかったと言われればそれまでですが・・・!

 

もちろん理想の条件を持つことは大切です。

結婚の第一歩です。

でも今挙げた例すべてを『普通』、またはこれ以上の条件を『普通』と思っていたら、お見合いでの結婚は道のりが長そうです。

 

まずは自分の『普通』を具体化することが大切です。

なんだかんだ言って実はちゃっかり・・・の部分ですね・・!

 

そして世間一般のお見合い男女の相場を知ることは現実を見るきっかけになると思います。

例えば年収です。

女性の結婚相手に希望する理想年収は500万以上と言われています。

実際年収500~600万円の独身男性は1割前後、単純に9割の女性が理想の年収男性とは結婚できないということになります。

 

『普通』ってつい言ってしまう言葉です。

それでも結婚相手を探しているわけですから、もっと欲張ったり、現実を見てみましょう!

まずは自分の理想をもっと深く見つめましょう!

案外、自分の『普通』はハイレベルだったりします。

案外、自分の『普通』は自分と似ていることだったりします。

案外、自分の『普通』は・・・

わからなかったら、一緒に探してみましょう!

そういう雑談も結婚につながる一歩になるなら、いつでも一緒にお話ししましょう!

 

 

 

 

 

  • お問い合わせ
  • 09098183469